ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!
飲み薬の副作用

飲み薬で、副作用だと感じたことなどなかったわけですが、土曜日に体調不良で、病院に行き、アステラス製薬のセフゾンカプセル100mgを処方してもらいました。
1日3錠1回1錠ですから、昼間から服用し、その晩から、お腹の調子が悪くなりました。
空腹でビールを飲んだからだと思っていたのですが、ネットで検索してみると、アステラス製薬のホームページには、「主な副作用として、発疹、じん麻疹、そう痒、発熱、浮腫、紅斑、下痢腹痛、胃部不快感などが報告されています。」とあり、2日後の月曜日の朝だけ飲んでから、服用しないことにしました。

Microsoft Word - 616130532セフゾンカプセル100mg.doc - dip-cfn-100.pdf
主な副作用として、発疹、じん麻疹、そう痒、発熱、浮腫、紅斑、下痢、腹痛、胃部不快感などが報告さ れています。 ...

服用をやめると、夕方頃から、回復傾向になり、やっぱり、薬の副作用だったんだと実感した次第です。
そもそも、風邪や体調の悪い時に薬を処方してもらい、飲むわけですから、薬の副作用だと気付かないこともあるでしょうし、分からない。
これからは、薬の服用により、何か、病状と違う症状が現れたら、薬の服用をやめて、すぐに病院に行こうと強く思いました。


いやはや...なかなか、ハードな腹痛で、人生初の味わった事のない苦しみとなりました。