ブログネタ
ダイエットと食事 に参加中!
ネットで話題になった「熱量ダイエット」について

ネットで話題になった「熱量ダイエット」てのをご存知だろうか。
要するには、氷を食べたら、氷を溶かすためにエネルギー消費するから痩せるという、実に簡単で、理論的なダイエット方法と言える。
考えた人の計算によると、1日1Lの氷で、約160キロカロリーを消費させるほどのダイエット効果があるらしいのだが、正直、1日1Lも氷は食べれない。
そんなこんなで、今日のはてなブックマークだったと思うが、「マイナスカロイリーダイエット」なるものがあった。
これも仕組みは、氷を食べる「熱量ダイエット」と一緒である。

満腹なのに体重減!?食べるほど痩せる「マイナスカロリーダイエット」 - NAVER まとめ

これは所謂、カロリーがほとんどない食品を食べると、消化するために必要なカロリーが大きい食品で、ダイエットできるというわけだ。
満腹になりながらも、ダイエットできちゃうのだから、なんて素晴らしいんだ。
そう簡単に思ってしまいますが、このカロリーの少ない食品で、生活だけするのも、結構しんどいでしょう。
意識して、食事の大半を「マイナスカロリーダイエット」食品にするといいかも知れません。
このマイナスカロリーダイエットであるが、従来から、「ネガティブカロリーフード」と呼ばれている食品のことである。
ネガティブカロリーフードの中でも特筆すべきは、「ウーロン茶」だ。
1日1杯のウーロン茶で約6gの体脂肪が減少する計算になり、40キロカロリーを消費するらしい。
最近では、ペットボトルのお茶も、緑茶とブレンド茶が個人的に主流になっているが、ウーロン茶に戻そうと思う。
後は、空腹感との戦いですが、脳が満腹だと思えば、満腹なわけです。
脳にある満腹中枢で満腹感を感じ、摂食中枢が、空腹感を感じさせるので、満腹感を感じるのは血糖値を上げるのが一番早く、空腹感を少なくするには、よく噛んで食べることが一番らしいです。

外食が多い人が、ネガティブカロリーフード生活は難しいかもしれないが、一度試す価値はありそうですね。