ブログネタ
あなたにとっての2014年上半期3大ニュースは? に参加中!
ペルセウス座流星群

毎年、8月12日、13日頃を中心に活動する3大流星群の一つです。
今日は、観測できるのか、非常に心配なわけですが、月の明るさもあいまり、例年と比べると、観測条件は悪いですが、夜空を見上げていると、流星群が見えることでしょう。
ちなみに3大流星群は、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」があります。
詳しく知りたい場合は、国立天文台のホームページをご覧ください。


ペルセウス座流星群 2014年 | 国立天文台(NAOJ)
1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」 ...

説明はいいから、どの方角、何時頃見れるのよ?

せっかちな人のために、北東を見上げてください(笑)
時間は、明朝9時がピークみたいですが、明るいから見えませんので、本日12日の22時以降ぐらいから、明るくなるまでが見頃です。
細かい説明は割愛しました。


補足


8月12日、13日から、ペルセウス座流星群の活動が活発になるわけですから、前後一週間ぐらいは、流星群は見れます。
国立天文台のホームページによると、「8月7日頃から15日頃までは、普段より多くの流星を見ることができると考えられます。」とのことですから、根気よく、夜空を見上げるといいでしょうね。

Google Custom Search
夜空に関連する投稿