ひかるさんのところ

仕事、日々の雑記、料理、食べ歩きなど

2016年08月


大阪なんばの「らーめん ミナミ☆十字星 」のWスープラーメンのスープが絶品だった
大阪に住んでいるが、なんばは(ミナミ)界隈は雑多としており苦手な場所ではある。また大味なお店が数多く、グルメサイトの評価が関西でも、もっともアテにならない地域だと勝手に思っているのだが、無性にラーメンが食べたくなる、近くのラーメン屋さんを検索してみると、店名が面白く、評価も高かったので突撃することにした!!!!
image
券売機で購入するシステムであり、17時ごろだったので、お店はまだ空いていた。
個人的には、魚介だしの和風ラーメンは好きではないが、Wスープ系は嫌いではない。
唐揚げや、チャーハン、餃子もあるのも有難い。
Wスープラーメンの唐揚げセットにした。


これがWスープラーメンだ。しっかりとした味で、魚介特有のエグミや臭さも全くなく、飲み干したくなるような絶品スープだ。麺はやや中太ストレートで、この絶品Wスープとの相性もいい。
あっという間に食べ終わり、スープを残さずに飲んでしまった。

また食べたいと思える一杯だったのと、女性客が多いのが印象的であった。
てか女性客しかいなかった。2名ね。

その他のラーメンに関する記事


天空の城「竹田城」の朝霧の絶景を立雲峡に行かないで見る唯一の方法
 3年ぐらい前の秋頃に天空の城 竹田城が大ブームになるちょっと前ぐらいに、立雲峡をプチ登山して、雲ではない、朝霧に浮かぶ天空の城 竹田城跡は、とても幻想的だった。


 これは、竹田城跡の入口にある写真を撮影したものだが、まさしくこんな幻想的なお城が竹田城なのだ。
お城は残っていない城跡になるが、城壁だけが残っているのに妄想が書き立てられる。それが余計に竹田城の魅力なのかもしれない。
で、、、、この立雲峡から見て欲しいといいたいが、メッちゃ狭い道路である程度上がってはいけるのだが、運転に自信のない人は絶対に車で行くと危険な場所であり、プチ登山と書いたが、結構、本格的な登山となる。
体力に自信のない人も立雲峡に登るのはやめたほうが賢明だろう。

で、、、、タイトルの天空の城「竹田城」の朝霧の絶景を立雲峡に行かないで見る唯一の方法であるが、車の運転に自信のない方、体力の自信のない方にオススメしたい。
image
そうここは、竹田変電所です。
その前に、何故にしんどい思いをして、立雲峡に登るのか?同じ高さの山の対岸からの朝霧の絶景が答えなのでしょうが、ここいら辺りは電線ン
がやたらめったら多く、ほぼほぼ写真を撮影をしたからしても電線が映りこんでしまうのだ。

この竹田変電所の入口前ならば、なんと電線だらけの写真から解放される絶妙な場所があるのだ(笑)
image
これは6時過ぎぐらいだろうか。その日の日の入りの確認をしてから行こう。
image
これは拡大した写真だ。
一般的には9月から10月ぐらいが、天空の城 竹田城の見頃であるが、この素晴らしいスポットを発見するのに時間が掛かり、朝霧は消えてしまった。

これは絶妙な撮影スポットを探している時に撮影した。
城跡と朝霧が重なっているので、もう少し早い時間ならば、天空の城となって見えただろう。
*この竹田変電所で竹田城を見るときは、くれぐれもマナーに注意してご覧ください!!!!!


ビジネスレザーファクトリーのA6サイズのノートカバーを手帳の代わりにするために衝動買いした
 気軽にレザー製品を買おうと思えば、イルビゾンテがパッと頭に浮かぶのだが、大阪のなんばのなんばウォーク内にいつもスルーしてしまっているレザーのお店「ビジネスレザーファクトリー」がある。この日は多分初めてお店の中に入ってみたのだが、質の良いオリジナルレザー製品が安く売っている!!!!!!
これはもっと前に突撃しておけばよかったと後悔するぐらいだ。で、、、なんでお店の前をよく通るのにスルーしていたのか?
店名がダサいと思っていたからだ(笑)
ビジネスレザー?
これは、、、、なんて思っていたが、一度でもこの「ビジネスレザーファクトリー」の店に行ってみると、考えは変わってしまった。めっちゃいい。めっちゃレザー感もいい。イタリアンレザーみたいだ。
image







そういうわけで、衝動買いしましたよ!!!!!!
2999円(税込)です。ヤスウうウウウウウウゥゥゥゥゥィ!!!!!
で、、、名前の刻印もお店で5分程度でやってくれます。
確か540円(税込)だったかな、、、
とても高級感があり、片手に同じ色のケースに入ったギャラクシーS7エッジと、このA6ノートカバーだけもって、ブランチなどしたいものだ。
image

このノートカバーを手帳にすべく、文房具屋さんで一目惚れした、リヒトラブツイストノート デザイナーシリーズのA6サイズのリングノートの白熊を購入した。
image
うむ、、、白熊さんが、ちょっとお茶目なオトコを演出してくれるだろう...
image
ペン刺し、ホルダー2個もあるので、名刺などを入れれば、ちょっとしたパーティーならば名刺入れもいらないだろう。
この「ビジネスレザーファクトリー」であるが、勿論、ネット通販もしているので、よく利用するアマゾンなどで購入した方がお徳であろうが、やはり、ネットで買うにしても、商品はレザーですから、リアル店舗で確認してから、ネットでポチッと購入するのがオススメです。
このトートバッグもいい。
フェリージから浮気しようか、、てか安い!!


これが、なんばウォークのビジネスレザファクトリーのレーザー刻印マシーンで、リース料がメッちゃ高いらしい、リース料も教えてもらっいながらも忘れてしまったが、月額20~30万円ぐらいもするらしい。
サクッと刻印をしてもらい、自分仕様にできるのは有難く、レーザーで刻印した部分にアクリル塗料などで塗ったりして、楽しむこともできるとのことだ。


↑このページのトップヘ