ブログネタ
流れゆく日常で生きる に参加中!

会社の記念品のボールペンが納品された。
書きやすくて、達筆にみえる三菱鉛筆製は最高だ!

なんて喜んでいたわけですが、悲報があった。

いやはや。

取引先の会社が飛んだ。
帝国データバンクで見ると、負債総額15億と、そこそこの規模の倒産だ。
新卒採用もしていたので、4月から入社した人達が不憫でならない。


その会社の社長と初めて会ったのは、今から12年前ぐらいだろうか。
場所は、よく飲みに行っていたBARだ。
まだ20代で、負けず嫌いな私は、媚びを売るわけでもなく、たまに会話する程度で、距離を置いていた。
それからしばらくして、飲みに行く先々で会うようになり、ある種の飲み仲間のような関係になったが、私は大阪に引っ越したので、会わないようになる。
それから数年が過ぎ、ひょんなことから取引関係がスタートし、その社長の会社を初めて知った。
私が携わる業界とは違い、アパレルの華やかな世界が正直うらやましかった。
妬みのような気持ちがあったのもかもしれない。

なんだか胸が締め付けられる。
切ないよな。