先日の健康診断で、胃の検査で初となるバリウムを飲んだ。
35歳から、ずっと逃げ続けてきたが、そろそろ覚悟を決めなければならない。
逃げてきた理由は、
・バリウムを飲む自信がないw
この一点に尽きるわけですが、最近のバリウムってのは、味が素晴らしい。
なんとヨーグルトのような味だったのだ。
なんと飲みやすいものだろうか。
バリウムと言われなければ、飲むヨーグルトだと思うはずだ。


なんなくバリウムを飲むことができたわけですが、次に胃を膨らます発泡剤を飲んだ。
これは吐きそうになり、口に入れた瞬間から発砲するので、急いで飲まなければ、間違いなく吐いてしまうことだろう。
それから、この回転するマシーンに乗って、胃の撮影をしたわけですが、台にクッションなどない状態で、何枚も撮影するものだから、かなり腕とか痛かったりする。
撮影が終わると、最後に下剤を飲んで終了するわけですが、この下剤を飲んだ後にも、まだ検査はあるわけで、もしも、粗相してしまったらどうすればいいのか?
得もいえぬ不安のため、しつこく聞いてみると、一般的には、2~3時間ぐらいで、下剤が効き始めるとのことですが、早い人なら、ものの数分で、下剤が効く人もいるらしいので、注意が必要だ。
で、私の場合は、3時間ぐらいで、下剤が効き始めた。
これは苦しい。
胃の検査で、どれが一番辛かったのか?
1位:下剤
2位:胃を膨らます発泡剤
3位:撮影
こんな感じでした。
何はともあれ、健康が一番大切だなと実感した次第です。