ブログネタ
IT関連ニュース に参加中!
通信キャリアで電波弱いとか電波入るとか
AUが電波が最高にいいとか、やっぱりドコモの電波が最強だとか、ソフトバンクは地下に強いとか、飲んだ席で話すこともあるだろう。
でね、、、実は、スマホを利用している人には、あんまり関係がなくなってきていることをあんまり知らない人が多い。
詳しくは過去の記事「
海外製のXperia Z5 Premiumに最適なSIMを選ぶ」を読んでください。
結論から書くと、通信キャリア自体の電波(周波数帯)はあるものの、発売されているスマホ自体が対応する周波数帯により、機種により違いがあるということ。
これ意外と皆さんが知らない事実です。
以下は、ドコモの対応周波数帯のコピペです。

015-2016冬春モデル

  周波数帯
機種 LTE
700MHz帯 800MHz帯 900MHz帯 1.5GHz帯 1.7GHz帯 2.0GHz帯
バンド28 バンド18/26注意1 バンド19 バンド8注意1 バンド11注意1 バンド21 バンド3 バンド1
arrows Fit F-01H          
arrows NX F-02H        
Galaxy Active neo SC-01H          
AQUOS ZETA SH-01H        
AQUOS Compact SH-02H          
XperiaTM Z5 SO-01H      
XperiaTM Z5 Compact SO-02H      
XperiaTM Z5 Premium SO-03H      
Nexus 5X      
dtab d-01H          
そういうわけで、スマホの電波が入りやすいとか、入りにくいとかは、機種により異なるため、料金プランが一番安いキャリアやMVNOでも、何ら問題はないということになりますが、だったら、どの機種と、どの通信キャリアがいいのか?
これは、アスキーなんかで特集されたらいいのになと強く願う。
この最新機種なら、この通信キャリアとの組み合わせにより、最高に電波がいいなんてのがあるはずだ。