京都市内を午前中だけで楽しめるプチ旅行のススメ
1、新福菜館本店で朝ラーメン



2015年7月15日 ... 京都駅から歩いて近くに美味しくて有名な昔ながらのラーメン屋さんが2軒並んである。 どうしても焼飯が食べたい人は、道路から右手の「新福采館」に行くと、真っ黒な 美味しい焼飯がある。 そんなこんなで昨日は、「新福采館」に行ってきた。
hikasuzu.blog.jp/tag/新福菜館本店
2016年9月7日 ... 焼飯がどうしても食べたい人は、新福菜館本店 京都駅前東塩小路 -中華そば専門店- 京都駅から歩いて3~5分程度の場所に、京都を代表するラーメン屋さんがお隣同士で2 件ある。 脂っこいウマさだけを求めるならば、本家第一旭で、焼飯が ...
hikasuzu.blog.jp/archives/65605667.html

2、金戒光明寺の日本一のアフロ仏像を見に行く

実に崇高ならほつの仏像だ。
金戒光明寺の日本一のアフロ仏像が崇高すぎる(京都 黒谷) : ひかるさんのところ
3、晴明神社で陰陽師 安倍晴明公の不思議を感じる。
 写真撮影を忘れていました(笑)

陰陽師グッズは一応買っておきたい(笑)

4、伏見稲荷大社


すずめの焼鳥や鶉の焼鳥が名物ではあるが、美味しいものではないので、気になる人だけ食べましょう。
1592年創業の「祢ざめ家 」で早めのランチもいいだろうが、いなり寿司をテイクアウトするのがオススメだ。

店名からも豊臣秀吉に気に入られたお茶屋さんだったことがわかる。

4、月桂冠見学、黄桜ギャラリー、寺田屋などを見る



伏見稲荷大社から歩いてはいけないので、さくっと移動しよう。
黄桜では、お酒に使っている井戸水が10ℓまでなら無料だ。
ペットボトルを持参するのがいいかもしれない。
月桂冠では試飲もできるし、当時の復刻した日本酒なども売っているのでお土産にいいだろう。

5、鳥せいなどでランチをして帰路につく。


 上記のコースならば、ちょっと変わった京都市内のプチ観光を午前中だけで楽しめるはずだ。
初っ端の新福菜館の朝ラーメンであるが、7:30分からオープンしているので、オープン時にいけば、これだけ観光しても時間が余るだろうし、大阪市内からならば、昼過ぎには帰れるはずだ。