ここ最近で神戸元町の洋食屋さんで一番美味しいと思った「quarto(クアトロ)」
神戸元町は、他県の人からすると南京町などがあり、異国情緒たっぷりのお洒落な神戸ってイメージであるかもしれないが、三宮から元町などの神戸は、歴史あるお洒落の建物がある一方で、その他の大半は下町であり、B級グルメの宝庫ではないだろうか。
神戸の餃子は味噌ダレだとか、面白いものもあるが、今回は、昔から神戸で根強いB級と呼ぶにはアレであるが、下町の洋食屋さんが神戸の食の真骨頂ではないだろうか。
そういうわけで、まだ食べに行ったことのない、元町駅近くの「quarto(クアトロ)」に行ってみた。
近くには、人気のゲンジなどの洋食屋さんもある。
image
オープン前からすでに並んでいる。
季節限定の定食メニュー(組み合わせが変わっている)があったので、カキとハンバーグのランチ定食にした。

基本のランチ定食は、1000円であるが、ハンバーグ単品などは、安いメニューはある。
カキフライと目玉焼きの乗ったハンバーグがとても美味しそうだ。

さっそく、カキフライを食べてみてびっくりした。
神戸元町の洋食屋さんの特徴は、昔ながらの洋食屋の味が売りなのだが、ここは違った。
その昔ながらの洋食を現代的に進化させた、今時の洋食屋の味である。
これはウマい。
ハンバーグもミンチの粗挽き具合、デミグラスソースの味なども完璧であり、サラダ多めとか、ライスのおかわり自由などもあるのだ。
なんと神がかった洋食屋さんだろうか。
そしてお味噌汁が美味しい。
カキフライのタルタルソースも美味しい。
元町という場所柄、雑多な感じがする地域ではあるが、店内もお洒落であり、デートにもよさそうだ。
また食べに行きたいと思った。
できれば1人で、時間を気にせず、ライスおかわりして楽しむのがいいのではないだろうか。

その他の神戸元町に関する投稿