中途半端な時間に無性に美味しいステーキが食べたくなったら大阪の南堀江「堀江バブル」が素敵だ
 安くて美味しいステーキランチが食べたいと思い、北新地にあるキャトルラパンに突撃しては食べれないという地獄が何回か続いた。予約もできるが予約してまで食べに行きたくはないし、三宮に店舗もできているみたいですが、行くのが面倒だ。
どっか大阪市内の近くにお店のオープン時間など気にせずに、美味しいステーキを思う存分食べれるお店はないものだろうか?
あるんですよ!!時間やお店のクローズなんかも気にせずにステーキが食べれてしまうお店が!!
そんな我儘なステーキの欲求を承認しまくってくれるハワイアンチックなハワイアンカフェ「堀江バブル」がある。
お店の営業時間は、11:00~22:00で、休憩時間などはない。この時間ならばステーキやハンバーグ、更にはパンケーキまで食べれてしまうのだ。
前回突撃訪問したのは、2016年4月でした。
南堀江にある「堀江バブル」のステーキが素敵だ : ひかるさんのところ






そんな素敵にステーキが食べれるお店の場所は、南堀江であるが、駅ならば、西大橋、桜川、長堀が最寄りとなるだろうか。
自宅から歩いていけないこともないが、この日はステーキが食べたくて我慢できずにタクシーで向かうことにした。
あっという間にお店に着いてメニューと睨めっこをする。

image
16時までだったかな?
ランチメニューで安く美味しくステーキやハンバーグも食べれてしまうが、グランドメニューしか興味はない。
ほーーーー、、、ステーキとハンバーグのコンボも興味があるが、リブロースステーキ300グラムを注文することにした。
まだ食べたことはないが、パリッと!グリルチキン880円も注文したいところだが我慢した。
ステーキとハンバーグのソースは
・和風おろししょうゆ ・オニオン&ペッパー ・デミグラスソース ・BBQソース ・ガーリック&オニオン ・てりやき&マヨ
から選べるが、50円で追加もできるので2種類にした方が楽しめるだろうが、私の場合は、和風おろししょうゆ一択だ。
面白いのは、ハンバーグだけではなくステーキなどにもトッピングできるので、次回はステーキにトッピングもしてみましょう。
トッピングは以下の内容です。
・目玉焼 100円 ・ソーセージ200円 ・厚切りベーコン200円 ・エビフライ200円 ・チェダーチーズ 100円 ・マッシュポテト200円 ・半熟スクランブルエッグ100円
ステーキにチェダーチーズとか面白いなと思いつつ、まあ、、、トッピングも我慢した。
 注文して、しばらくすると鉄板から聞こえるジューーーージューーーーッ!!!!という音と共にステーキが運ばれてきた。

前回リブロースステーキ300gを食べた時は1枚肉でしたが、今回は150gが2枚みたいですが、どうみても1枚150g以上あるように見えます。
いや、、絶対あります。
ステーキが冷めないうちに急いで食べてしまったわけですが、ここのステーキの特徴は、ステーキを焼いている人の技術が神がかっていると思う。
ステーキの丁度良い焼き加減てのはこれなんだと思うし、リブロース特有の筋切りもされていて、お肉自体も驚くほどに柔らかいが、食べごたえもあるので、肉の下調理も完璧だと思うし、リブロースは豪州産の牛肉を利用しているのに臭みもまったくないし、梅田なんかにある高級ステーキハウス ウ〇〇ギャ〇〇なんかより美味しい。
国産の牛肉でなければ、なにもアンガス牛なんかに拘る必要性も感じないと思うし、この堀江バブルでは、何故かアンガス牛のステーキの方が安い。
そういうわけで、この日は美味しいステーキを300g食べてとても幸せでした。
次に食べに行くのはいつになるのだろうか。
リブロース300g、
パリッと!グリルチキン、スペアリブのオーブン焼きを数名でシェアしようと思います。
美味しいステーキが食べたい時にオープンしているので、時間を気にせずステーキならば、大阪の一番のオススメは堀江バブルです。

関連ランキング:カフェ | 四ツ橋駅西大橋駅桜川駅