日本一ながーいチョコを大人買いしてみた

 子供の頃の駄菓子の思い出は年代によってそれぞれであると思うが、世代的には、うまい棒は鉄板であり、キットカットは高級品、カロリーメイトのチーズはお菓子の代わり、アポロ大好き、カプリコのいちご最強、当時は50円だったチョコレートバー、、商品名を忘れたが、年頃になっても駄菓子なんかの思い出を振り返り最後まで購入していたのは、リスカの日本一ながーいチョコだけかもしれない。

#懐かしい #美味しい

Hikaruさん(@hikaru4)が投稿した写真 -

リスカ 日本一ながーいチョコ 1本×30袋
懐かしの駄菓子屋さんなどに行かなくてもコンビニで買えてしまうし、いまだに1個30円を貫き通している最強のチョレートバーではないだろうか。
決して日本一長いチョコではないが、ふんわりしたコーンが強すぎない、うまい棒と程よく近いスナック感に、おしげもなく砂糖はたっぷりのチョココーティングを施し、適度な量のピーナッツクランチが絶妙で、何本でも食べれてしまう危険なお菓子だ。
バレンタインのチョコは何がいい?そう聞かれたら、迷わずに日本一ながーいチョコの箱買い3ダースと言うだろう。
ゴディバ好きーーーとか、イタリアのチョコ好きーーーとか、カカオマスこいーーーの超好きなんて、気取った人に一度は食べてもらいたいチョコバーです(笑)
カロリーがちょいと気になりますがね。