炊き立てのご飯に「萩井上のしそわかめ」というソフトふりかけを混ぜて寝かすとこれほど美味しいものはない
image
1000円なり、、スーパーよりアマゾンの方が安いだろうか?
賞味期限が6ヶ月なので、ぴったり6か月のとは限らないので大量買いは危険である。

 母親の出身地が山口県なので、小さい頃から「萩井上のしそわかめ」をご飯の上にかけて食べていた。
これはこれで美味しいものですが、高知県出身の友達の家で食べた「萩井上のしそわかめ」は、炊き立てのご飯の釜にそのまま混ぜてちょっと寝かしてから食べるという斬新なものであった。
炊飯器の釜を後で洗うのが面倒ではあろうと思いながら、頂き物のお刺身のお造り、鯛やマグロだったと記憶しているが、その
お刺身と食べれば、これほど美味しいものはない。
えらく感動したのを今でも覚えている。今までのふりかけるだけの食べ方は何だったのだろうか。しそわかめのわかめが炊飯器の中で柔らかく、やや大きくなり口に入れた時にすっと入る。胡麻とシソの風味の中にいいあんばいの塩加減で何杯でも食べたくなる極上のソフトふりかけの混ぜご飯だ。
image
しそわかめの適量投入が難しいが(笑)、入れすぎると塩辛くなるのでご飯2合に対してこれぐらいでいい。
今回はだし巻き玉子と辛子明太子をおかずにしたが、お刺身をおかずにして食べると、更に美味しくなる。