ひかるさんのところ

仕事、日々の雑記、料理、食べ歩きなど

カテゴリ: お仕事

 人の悪口や批判は書きたくないが、ネガティブではないレベルで書いておこう。
取引先から連絡があり、発注している会社が仕事の継続が困難とのことだった。
詳しく調べる必要があり、先方さんの会社に連絡したのだが、自己都合の連呼であった。
別に儲かる話でもないしと思うが、お父ちゃんが社長で、お母ちゃんが、お父ちゃんの体調の都合により全ての業務をしている感じだった。
それはそれで微笑ましく、素晴らしいことではあるが、お母ちゃんの考え方が最悪であった。
取引の継続ができないのは仕方がないが、行動を全くしておらず、後手になり、時すでに遅し。
そういうわけで、弊社から独立した従業員の会社へ協力するようお願いすることにした。
多分、これで解決できないことはない。
なのだが、引継ぎがどうだの、規定がどうなのと連呼するお母ちゃんであった。
状況から察するに助けてあげたいが、これ以上の助けもあり得ないと思うぐらいしてあげたが、ありがとうの言葉もいらないが、ない。
その会社が倒産するシナリオしかみえてこない。
微力ながら、せっかく関わったのだから、私を利用しまくればいい。
合致すればすべてはうまくいく。
そんな話のレベルなのだが、頭がカチコチだった。

休み明けの来週に、その会社に表敬訪問しようと思う。
うちの会社が関わることにより倒産の危機ならば、何かしてあげようと思う。
お金は貸さないが、それが人と人が出会う価値であるのだから。

お礼の言葉もいらないが、長年の蓄積したノウハウの一部も託したことがどれほどの価値があるのか理解してほしいが、お父ちゃんが悪いわな。
体調が悪くても指示ぐらいはできるだろう。
そんな切ない話しでした。
うちから何か、その会社ができることがあるならば、助けられるものなら仕事の発注をしようと思う。

こういう優しさが弱さなんだよな(笑)


総務は言う。パソコンがなんか変なんです。今朝は複合機のプリンターが壊れました、、
 機械音痴という問題ではないと思う。総務は言う。パソコンが変なんです。今朝は複合機のプリンターが壊れました、、
はーーーーーー
まずはパソコンからであるが、なんでこうなったの?なんて質問をすると、勝手にこうなったという。ハードの故障ならば、確かにいきなり壊れたで問題はない。
と、、、、その前に
1.パソコンの再起動をしたか。
*これで大半は解決する(笑)
2.どのような操作をしている時にそうなったのか。
3.どういう症状がでているのか。
4.どういう時にそのような症状になるのか。
上記の事を順番に話してくれれば、大抵のことは解決できるものだ。

複合機のプリンターが壊れました!!!
それからすぐにサポートに電話をしていたが、電源を入れなおしたら解決した。
OA機器、パソコン全般に言えるが、まずは電源を入れ直すか再起動で大体解決すると強く申し入れたい。
以上

赤外線なんかの暖房器具を職場で愛用している人は脹脛の血管が黒っぽくなっちゃたりして大変なことになる

 寒くなりましたが、職場なんかで使っている暖房器具なんですが、特に足元を暖めるために、暖房器具を使っている人は要注意です。
足元を下記の危険な暖房器具で、足元をずっと暖めていると血管の
網目状の部分が黒っぽくなって浮き出たようになります。特に脹脛はなりやすいと思いますが、私の場合は男性なので、脹脛なんて普段は見ることはありませんでしたが、冬のある日、脹脛血管らしきものが網目状に黒っぽくなって浮き出たのを見た時は驚きました。
ネットで調べた結果「温熱性紅斑(ヒダコ)」という色素沈着と知り、それから毎年この時期になると、ブログに書いています(笑)
治るのに1年以上はかかるので、冬の暖房器具は要注意です。
で、、危険な暖房器具は、赤外線ヒーターやカーボンヒーター、ハロゲンなどになります。
安全な暖房器具は、
セラミックヒーターや電気ヒーターとなってはいますが、皮膚科専門医の院長先生のブログを見ると、この
温熱性紅斑(ヒダコ)は、色素沈着なので、ホットカーペットなんかでも、温熱性紅斑(ヒダコ)になることがあるらしいです。
温熱性紅斑 : ひかるさんのところ
温熱性紅斑(ヒダコ) ...
血管の浮き?黒くなっているように見えるのが治るのに1年以上はかかりました
そういうわけで、足元の脹脛だけではなく、温熱性紅斑(ヒダコ)は、全身にできる可能性があるのではないでしょうか。
まあ一般的には、職場のマイデスクで足元を暖めるでしょうから、OLさんとかが一番なりやすいかもしれません。
それと私の場合の
温熱性紅斑(ヒダコ)は治りましたが、察するに、色素沈着なので、人によっては色素沈着したままってこともあるでしょう。
見た目がグロテスクなので、女性の人はスカートは履けなくなったりするので、とっても恐ろしい。
く、、、ウェルク問題で、断定はしない文章にしてみたが鬱陶しいものだ(笑)
ちなみに運営元のDeNAは、7日よりファッション系のキュレーションMERYも非公開にする。

↑このページのトップヘ