ひかるさんのところ

仕事、日々の雑記、料理、食べ歩きなど

カテゴリ: お仕事


歴史ある企業を上場させた立役者のお話し
 今時のIT系の20代後半とか、30代のイケイケさんのお話しではないが、、、、


 その人の話しを書くと、とても長くなるので一つだけ。
 まだ20代半ばの小僧を飛び切り贅沢な役員室に呼んでくれて、本当によくしていただいた方だ。
大阪万博の誘致はモントリオールで我々がした的な、昔話しなどもあり、、、、であったが。。。。。
 この日は、数日前にG7神戸保健大臣会合が行わる前に、神戸のポートピアホテルで、50周年の祝賀会があり、帰りのタクシー待ちでの出来事だ。
ホスト側だったので、来賓の皆様などが、タクシーに乗って2次会に向かうのを見送った最後に、数名が残った。
 その中には、尊敬する
歴史ある企業を上場させた立役者」もいたのだが、その人は、最後までタクシーに乗車することはなかった。
自分より残ったメンバーは若いが、建前上の役職者に対して、「先に行きなさい」と言ってくれた。
譲り合いトークが続くも、その人は決して先にタクシーに乗車しようとしない。
そういうわけで先にタクシーに乗車させてもらったわけですが、その人は、高齢で重度の糖尿病を長年患っている。。立っていることさえも、どれだけ大変なことだろうか想像するには容易だ。鋼のような強い意志力と、ブレることのない信念を持ち続けている。先にタクシーに乗車した時点で、我々は、その人より、やはり格下だと実感させられた。
一生勝つことのできない強い意志がある人だ。
そういう歴史を作ってきた人と、ホリエモンみたいな人が対談したら面白いかも知れない。
どんなに賢くとも、何かに秀でていても、絶対に勝つことのできない領域の人はいる。それは決して大金持ちになったとか、そんな安易な結果ではない。継続して、そして余生も全て含めて、成功を勝ち取った人の真の強さなもので、そういう人には一生涯罰もない。
そういう人に敬意を払うことのできない人は、どれだけ成功しているように見えたとしても、人間的にダメだと思う。
人を批判することしかできない人は、何らかしかの欠陥があるのが定説だ。
でもね、、、、こういう感じで、逆批判する一見人格者もいるが、そういう人の大半は、妬み系だったりするので注意が必要だ(笑)

社用車のタイヤからその会社が分かることもある
猫と自宅と車はブレないツートンカラーです。


 社用車のタイヤのお話しです。
うちの会社は社用車のタイヤだけはケチらない。
ツルッと滑った方が高くなり洒落にならないからだ。
しかしながら、社用車がハイグリップのタイヤの会社なんてのはないだろう。
社用車のタイヤを見るだけで、その会社がわかるものだ。
最近では特にアジアの安いタイヤがどにでも売っている。
アジアのタイヤだから滑るということもないが、社用車のタイヤを一度チェックしてみると面白いだろう。

 今すぐ社用車の全てを衝突防止機能に変えることはできないが、タイヤだけでも従業員を守りたい。
安全や仕事やお洒落も、まずは足元からしたいと思う。

会社の携帯をなんで私用で使うのだろうか(新社会人にオススメ)
いい天気で気分がいいが、総務から会社の法人携帯の通話履歴に蛍光ペンでマーカーされまくった1台の携帯電話の通話履歴が机にあった。
image

何故この携帯だけにチェックが入ったのか?
月額の通話料がいつもより高くなり、特定の人(2名)との連絡が頻繁にしていたからだ。
ちなみに会社の法人携帯はAUであるが、この料金明細書で分かる情報は
・電話した時の都道府県の場所
・通話連絡先
・SMS
・パケット利用料
などであるが、今時はGPSやネットで分かるので、居場所とかあんまり意味はない。
営業でサボっていたとかはすぐにわかってしまうが。。。
職種にもよるが、電話連絡が頻繁な人もいるだろうが、そういう連絡先なんて、全社員の情報を調べている暇はない。
うちの場合は、濫りに特定の人とのやり取りがある場合が、比較的チェックされやすい。
でね、、、、、
ここからが重要な部分です。
社外の人との連絡で、特定の人と頻繁にやり取りしている場合は、家族や恋人、友達ぐらいだろう。
こんなのは本人に誰と頻繁にやり取りしていたのか聞くだけでいい。
一番マズいのは、社内の人とのやり取りだ。
今回のうちの場合は、部署も違えば、所属先も違う、勤務先も違う人に頻繁にやり取りしており、仕事の直接の接点がない人との頻繁なやり取りであった。
その頻繁にやり取りしていた2名は男性だったので、本人に厳重注意と始末書で処理しよう。
さてさて、、、、、、ここからが最も重要な部分です。
例えば、大阪勤務なのに、東京本社の異性に、仕事の直接の接点もないのに頻繁にやり取りしていた場合は、大問題になる場合もあるので注意が必要だ。
仕事の接点がないのに、同じ会社だから問題がないなんてことはない。
特に新社会人は、新人研修で各地から集まり、同期の仲間が出来て、また全国に散らばる場合もあるだろう。
仕事の接点があれば別であるが、同じ会社の人だからいいなんてことはない。
こういう場合の最悪のケースであるが、電話を掛けた方だけが悪いということにはならないので注意が必要だ。
Aさんが勝手に掛けてきたから、、、なんてのは通じない場合が多い。

まあ、、会社の携帯に限らず、会社の資機材、備品、消耗品などなど、使うのも注意が必要ではある。
Aさんだけ、付箋の発注がやけにあるとか。。。。
そういう部分からも、アナタの人となりは見られているということを認識しておかないと、しょうもないことで大事になる場合もあります。



↑このページのトップヘ