ひかるさんのところ

仕事、日々の雑記、料理、食べ歩きなど

カテゴリ: お仕事

会社のご近所さんから電話が掛かってきた。
よく食べに行っている飲食店の女性スタッフからだ。
細かい内容は割愛するが、役所に書類を提出したが、資格者の名前がいるらしく困っているとのことだ。
そんなこんなで、担当から連絡させますで話しは終わったが、お互い苗字は名乗らないという、ゆるい感じが心地よかった。
こういう、ゆるい感じで仕事ができるのは幸せだな。

中小企業の従業員は大変な部分と楽な部分が両極端だな
たまに従業員の愚痴を聞くこともあるわけです。
その内容の大半は職務内容についてなわけですが、大半の中小企業は、職務内容に関しては、大企業みたいに、職務内容が、きっちりと分かれていればいいんですが、その時の、従業員の人数などにより、本来とは違う職務をしなければならない時が多々ある。
うちの場合は、営業が、営業以外の仕事をたまにしなければならないので、そういう部分の愚痴が多い。
そういう愚痴を言う人は、その時の内情や人件費が会社にとって一番の負担であることなど全く考えずに正論を言うものだから厄介だ。
営業成果を出して、1人追加しましょう!
なんて前向きなことを言ってくれて、営業結果がでたならば、即幹部にするんだけどな 笑
話しは変わるが、地方の中小企業へ転職する人が増えている。
理由は、ワークライフバランスなどだろうと思うが、先程にも書いた、職務内容の明確な境界線がないことに転職してから困っている人がかなりいるのではないだろうか。
で...中小企業に就職するメリットなんですが、中にはブラック中小企業もあるだろうが、全く残業がなかったり、休みの融通が利いたり、成果が出たら給与が急に上がったりなどの可能性が多分にある。
そういうわけで、ワークライフバランスは抜群だと思う。
後は、例えば子供が出来て、また働く時などに求められる、勤務時間などに多様性が認められる場合もあるだろう。
これから働き方の多様性が求められる時代なので、中小企業の人材不足は緩和されていくのだろう。
結論のないまま、これだけです。

有給休暇の買取!?からの企業風土について
取引先の従業員を移籍するという、うちではたまにあるケースでのお話しです。
有給休暇の買取は現行では違法ですが、退職前なら大丈夫なんです。
そんなお話を3者(僕、取引先、その従業員)でしながら、移籍についてまでダラダラ。
取引先の本社の総務の人も来てと、かなり大事になりながら、30分程度お話ししたわけです。
冒頭に有給休暇のお話しからスタートしました。
細かい日数は忘れてしまいましたが、うちに移籍するために、有給休暇の消化をしてほしいとのことでした。
従業員である本人は、1か月程度のお休みをしたいとの諸般の事情もあり、どういう形で移籍するか、また、うちの会社の雇用形態などが交差し、話が長引きました。
そんなこんなで、取引先の会社のスペシャルである従業員に対する待遇について驚いたわけです。
そもそもが、退職前に有給休暇の消化をしなければならないと、役職者が言う会社がどこにあるんでしょうか?
本人の希望があれば、それに従うが、会社の事情も考慮してくださいね!が大半ではなかろうか。
それだけには留まらず、その従業員の1か月ぐらい休むみたいが、若干、休む日数が不明瞭な部分は、その有給の残りを会社が買取ると名言した。
ちなみに、そこの会社は大企業であるので、有給休暇は、法定より多い。
実現可能ならば、うちの会社でもしたいと思うが、そう簡単にできるものではない。
そういう難しい問題を実現できて、企業利益も追及できる会社が理想であると強く信じているが、その従業員さんと、移籍について話しているときに、何か、変な違和感を感じた。
どうも毎月、病院に行かなければならないので、その際に有給休暇にしたいそうだ。
うちの就業規則では、事前申請、直属の上司の状況判断による可否、会社の都合に迷惑が掛からないなどの制約があるが、その人は、好きな時に好きなように有給休暇を消化したいようなニュアンスを感じた。
そもそもが労使の関係は対等でなければならない。
雇用側が決して有利なわけでもないが、雇用者の立場は弱い部分が多々あるのも事実であり、そのために労基法があるが、いささか改正されながらも、現代に即してない部分も多くあるだろう。
何が言いたいか。
企業側の従業員に対する配慮を、その従業員の都合だけで進めるのは、これは決して素晴らしい会社とはいえないのではないだろうか。
こんなやり取りで、その企業風土が見えてきたわけですが、シャープのような自社製品買取などと比べてしまうと、あれは実質は強制的の可能性が高いならば、違法になるだろうと思いつつ、やはり対等な雇用関係がベストだなと思いました。




↑このページのトップヘ