ひかるさんのところ

仕事、日々の雑記、料理、食べ歩きなど

カテゴリ:グルメ > 男の料理


京都の祇園にある老舗料亭「菊乃井」流の松茸ごはんを作ってみた
 どういう松茸ごはんにするか悩んだ挙句、そんなに上物の松茸ではなかったので、油揚げを薄すくカットして松茸と炊込む「菊乃井」の松茸ごはんのレシピにチャレンジしてみた。
関西ローカルでは、テレビでもお馴染みのミシュラン3つ星和食料亭「菊乃井」三代目主人料理人 村田吉弘さんで知っていることだろう。


▷材料
・お米:2合
・松茸:中程度の2本

・だし汁:400cc

コストコで大人気の久世福商店 風味豊かな万能だしを使った。
コストコが近くになければネットで買う価値はあり。

・料理酒:大さじ1
・濃口醤油:小豆島のたまり醤油を使用した。
・薄口醤油:小さじ1 お馴染みの安くておいしいヒガシマル

どーんと業務用サイズぐらい買いたいものだ(笑)
・塩:味見しながら適量
・油揚げ:1枚
image
油揚げの下処理は半分にカットして、中の白いお豆腐部分をできるだけスプーンでそぐ。
後は細く、できるだけ細く切っていく。
熟練した和食の包丁技術がいるだろう(笑)

1、まずはお米を研いでざるにあげて水切りを15分程度ほっておく。
2、油揚げを半分にカットして、中のお豆腐部分をスプーンでそぎ落とす。
3.松茸の根元部分を包丁を斜めに入れて石づきをかっとし、ちょっと太めにかなり厚めに松茸を大胆に切る。
4.炊飯器の釜に先に研いだお米を入れて、
料理酒:大さじ1
、濃口醤油:小さじ1、薄口醤油:小さじ1を入れて、後は炊飯器の釜の2合の目盛りまで出汁を入れ、油揚げをカットしたのを入れてかき混ぜます。
残った出汁は、茶わん蒸しに使いました。
最後に厚めにカットした松茸を入れて、炊飯器にセットしてスイッチオンで完成です。
image
炊き上がりました。
美味しそうです。

油揚げの油分が絶妙な味わいに深めています。
これは絶対に、油揚げを薄くカットして入れたほうがおいしいと思う。
油揚げは薄く切っているので、入っていることが分からないレベルです。

松茸半分の贅沢な茶わん蒸しも作りました。
ただただ美味しい。

松茸の天ぷらもやっちゃいました。
どれこれも美味しくて、久々に満足のいく料理ができました。
決め手となったポイントは、油揚げの油分と出汁の旨みが絶妙であったからでしょう。
確かに美味しい炊込みごはんは、少し油分があるものだ。
大変勉強になりました。




コストコのUSAセントルイススペアリブ カンザスシティスタイルBBQをオーブンで焼いてみた
image
 コストコでUSAビーフを購入しようと思ったが、よーーーく考えてみると、コストコのUSAビーフは決して安くはない。、、しかもTボーンステーキ屋さんで食べた方が安いんではないかと?思い、USAセントルイススペアリブ カンザスシティスタイルBBQを買ってみた。
100g=129円と、めっちゃ安い。
1816グラムのスペアリブ全部は食べれないので、とりあえず3カットぐらいにした。

スペアリブの味付けもされているので、この味が好みであれば、余計な調理の手間は省かれるし、安いし、素晴らしいスペアリブだ。

まずはフライパンでしっかりと焦げ目をつけて肉汁を閉じ込める。
次に200度のオーブンで20分程度で完成だ。
焼く前から、食べるサイズにカットする人が、クックパッドなんかでは多いような気がしたが、スペアリブの旨味を楽しむのなら、焼き上がってからカットするのがいいだろう。


ナスとピーマンも一緒にオーブンに入れることにした。
image

オーブンで焼き上げて完成です!!!!
焼き上げた後に、アルミホイルを被せて15分ぐらいはお肉を寝かせてから、助骨の隙間をカットしましょう。
包丁で切れない骨もあるので、キッチンバサミが必要です。
さあ!!!!!さっそく食べましょう。
何とも柔らかいスペアリブで、懸念していたUSA的な変な甘味もなく、スパイシーで美味しいです!!

こういう類いので、主婦に人気のコストコのプルコギがありますが、試食して不味いと思いました。
変な甘味があって美味しくない。
この「USAセントルイススペアリブ カンザスシティスタイルBBQ」ならば、がっつりお肉も食べられるし、最高だと思いました。
また買うとしよう。


ローソンストア100のカット野菜が素晴らしく素敵だった
 ぼかぁね、、、カット野菜などは邪道だと思っていた。
そう、、、、ローソンストア100のカット野菜を知るまでは、、、、


これが108円!!!!!!!!!!
何が素敵で素晴らしいか、、、、きくらげが入っているし、洗わなくていいからだ。

このあまりにも素晴らしくて素敵なローソンストア100のカット野菜で、焼肉のタレが少しだけ残っているので、なんちゃって中華風の炒めものを作ってみよう。
材料:ローソンストア100 カット野菜、焼肉のたれ 適量、にんにくチューブ、豚肉 150グラム程度、塩・胡椒は適量、ごま油、玉葱半分


男の料理に欠かせない中華鍋は、強火で熱し、ごま油、にんにくチューブを好きなだけ入れて、豚肉を炒めて、塩・胡椒をパパッと適量、最後に、ローソンストア100のカット野菜を入れて、ずっと強火で、1分程度さくっと炒めて、焼肉のタレを入れれば完成だ。
中華の野菜は炒めすぎない、炒めた時の余熱を利用するのがプロの技だ。配膳する頃に、ちょうど良い感じに仕上がるようになっている。

うむ、、、、、きくらげが入っているだけで、お店の中華炒めみたいである(笑)
こんな中華風炒めものの中華屋さんがあれば、週3は行っちゃうよねってくらいに美味しかった。
料理は技術と応用力です。

↑このページのトップヘ