HikaRuの備忘録

仕事、日々の雑記、料理、食べ歩きなど

タグ:いのしし


タカラジェンヌも驚きの宝塚市産の「鹿肉」と「たからづか西谷太ねぎ」
 数年前に宝塚牛乳なるソフトクリームを食べた。宝塚には牧場とかそういう類はないと思っていたがあるようで、また新しい宝塚との出会いとなった。
宝塚牛乳については、下記のリンクをご覧いただきたい。
2016年1月25日 ... タカラジェンヌとバッタリもあるかも!?たからづか牛乳のリアル店舗でソフトクリームを 食べて、たからづか牛乳を買って帰るディーラーに預けてある車が16:00以降に 仕上がるらしいので、時間調整を宝塚ですることにした。 ニトリ、手塚治虫記念 ...
hikasuzu.blog.jp/tag/宝塚牛乳
2015年2月16日 ... 宝塚に牧場?たからづか牛乳宝塚南口店 宝塚に牧場? 道すがら驚いて、たからづか 牛乳宝塚南口店に入ることにした。 この日は、普段よりソフトクリームが安かったので 食べることにした。 濃厚な味わいながらも、後味はさっぱりしていて ...
hikasuzu.blog.jp/archives/22789915.html
 さてさて、BARのマスターから又聞きにより、宝塚の西谷にめっちゃ美味しいイノシシのお肉が売っている場所があると聞いてから今年を振り返る。
今年は毎年楽しみの牡丹鍋を食べに行っていなかった。体調が悪かっただけなのであるが、毎年のルーチンにしているわけで、決めたルーチン行事ができないことは結構つらいものだ。
関西の牡丹鍋ならば、下記のリンクを!

2016年11月21日 ... 狩猟期間解禁!(11月15日~3月15日)関西ならば最高に美味しい猪名川の「ぼたん 鍋 岩屋館」に食べに行くぞ!丹波篠山なら「いわや」が最強だ!1.猪名川の岩屋館 関西で最高のぼたん鍋が食べたい。関西で最高に美味しいぼたん鍋が ...
hikasuzu.blog.jp/archives/67297475.html
2015年12月14日 ... 猪名川で極上のぼたん鍋を食べてきた毎年この時期になると、篠山にある「岩屋」で ぼたん鍋を食べている。今年は、なんと予約一杯とのことで途方にくれていた。ネットで 調べていると、どうも猪名川にある「岩屋館」という旅館のぼたん鍋が、 ...
hikasuzu.blog.jp/archives/50235056.html
そういうわけで、土曜日に宝塚の西谷にある「西谷ふれあい夢ひろば」内の西谷夢市場に買いに行くことにした。大阪市内の自宅から片道45キロと買物にしては、私は道民か!!!!!と脳内ツッコミしながら行きは下道で頑張った。カーナビによると到着時刻が下道と変わらなかったからだが、、、
image
到着!!!

車から降りて競歩レベルで西谷夢市場にインするも、イノシシ肉はどこじゃ?
店内を一周してからようやくこじんまりした猪肉の冷凍庫を発見した!!
鹿肉も売っているようで、猪肉300g 1900円(税込)、鹿肉300g 1300円(税込)と価格も安い。
きっと猪名川の道の駅的な場所で買うと1.5倍くらい高いと思う。
この猪肉は冷凍で販売されているので、後でカゴに入れるとして、店内をウロチョロしてみた。

宝塚ねぎ???たからづか西谷太ねぎ????
見た瞬間に買うことにした。野菜の価格高騰なんてこういう場所にはあまり影響はないもので、まあ安い。
悩んだ挙句は西谷地域にいるので、たからづか西谷太ねぎを買うことにして、後は気になる野菜なども購入して、大阪から1時間20分かけてきたが、僅か滞在時間10分程度で帰ることにした。
帰りは高速にしたが、やはり1時間近くはかかった(笑)
自宅に帰り戦利品のチェック

猪肉が300gで1900円(税込)は安いなと思いつつ、鹿肉の産地に驚いた。

猪肉は兵庫県産となっていたが、鹿肉の原料原産地名が宝塚!?
そう宝塚産の鹿肉ってのがあり、猟師 小東 三喜男さんが打ち取った鹿と猪肉を買ったのだ。
宝塚に猟師???
うーーむ。
兵庫県はだだっ広い。
猪名川の南側ではあるが、ここは宝塚で、どこで猟銃で打ち取れるのか謎ではあるが、宝塚には猟師もいるし、鹿もいるし、西宮の住宅街にもイノシシは沢山出没するので、宝塚にもいっぱいいるだろうし、宝塚の野菜なんかもあることにびっくりした。手塚治虫記念館、タカラジェンヌだけではない新しい宝塚の発見となり、滞在時間は僅か10分程度でしたが、行ってよかったと思います。
宝塚いいじゃん!!!!
究極のぼたん(猪)とみぞれ(鹿)の鍋へ続く(笑)

ブログネタ
たまに行くならこんな店 に参加中!
猪名川で極上のぼたん鍋を食べてきた
毎年この時期になると、篠山にある「岩屋」でぼたん鍋を食べている。
今年は、なんと予約一杯とのことで途方にくれていた。
ネットで調べていると、どうも猪名川にある「岩屋館」という旅館のぼたん鍋が、かなり美味しいらしい。
岩屋が×で、岩屋館、、、さっそく予約して食べに行ってきた。
この猪名川にある「岩屋館」は、大阪から近いので、大阪市内からならば、1時間ぐらいで着くはずだ。

image
昭和を感じるレトロな館内にまずは驚いた。
エントランスには、薪のストーブが置いてあり、お湯?を沸かしていた。
子供連れの場合、煙草が至る所で吸えるので、そこだけ注意してほしい。

岩屋館 (兵庫県)

岩屋館 (兵庫県)
大阪・神戸から一時間少し。名勝屏風岩を臨む景色が素晴らしい旅館。真裏の猪名川では夏は水遊びができ、秋から春にかけてはマス釣り(有料)もできます。どのプランも自信を持ってお勧めします。

じゃらんで申し込んだわけですが、日帰りプランと宿泊プランがあります。
ぼたん鍋の日帰りプランは2種類で、【猪の子】5500円と、【うり坊】8000円で、違いは、猪の石焼とアマゴ又は川魚の塩焼きが、ついているかの違いです。
日帰り・デイユースプラン詳細[岩屋館]-じゃらんnet
image
どうでしょう。
この猪のお肉の見事なこと。
心配するは猪特有の臭みですが、まったくありませんでした。
まずは、小皿料理と川魚のアマゴをいただきます。
猪のそぼろが、たまらなく美味しかった。

image
絶妙な塩加減で美味しい。
次は、猪の石焼?焼肉?をいただきます。

image
焼いた猪を食べるのは、生まれて初めてですが、臭みもなく、とっても美味しい。
焼いただけの猪が、こんなにも美味しいものだと驚きます。
さあ「ぼたん鍋」を食べますよ!

image
なんというウマさだろうか。
味噌味の絶妙なバランスと、猪のジューシーなお肉が合わないはずがない。
コラーゲンもたっぷりだ。

猪のお肉も、写真の通りたっぷりあるので、友達と喧嘩することもないだろう 笑
この後に、おうどんもあります。
写真を撮るのを忘れてしまったが、これがまたウマい。
太めのうどんで、もちもちっとして、三重県の伊勢うどんにコシがあるような感じのうどんだった。
うどんを食べ終わると、篠山の岩屋でも定番の、生卵を鍋に落として、半熟ぐらいの玉子をご飯に乗せて食べる、猪丼にした。
お鍋のスープもたっぷりかけて食べると、何ともいえないウマさになる。
image
これもウマい。
ご飯のためにも、猪肉を数枚は残しておくのが、かなり重要で、デザートは食べないので、以上が、猪名川の「岩屋館」の極上のぼたん鍋だ。
して、フェイスブックに投稿したところ、やはりこの「岩屋館」は、ぼたん鍋が美味しくて有名らしいとのことだった。
大阪から近いし、雪が降る前に、もう一度食べに行きたいものだ。
また、高さ30mの屏風岩も食事どころから見えるので、そういう景色も楽しんでいただきたい。





↑このページのトップヘ