ひかるさんのところ

仕事、日々の雑記、料理、食べ歩きなど

タグ:ふぐ


ふぐを食べたいと思ったら「あじ平」が定番なんだよな
 昨年はカニも食べにいけず、これといった冬の味覚を味わうことがなかったな。
あーーー フグでも食べに行こうと思い立ち、頭に浮かんだのは大阪の生野区にある「あじ平」だ。
千日前線に乗って食べに行くのも面倒であるが、大阪の福島にも「あじ平」があるし、店内も福島の方が綺麗であるし、生野区のあじ平は仕事帰りに気軽にふぐでも食べて帰ろうというノリで行けるお店だ。系列か暖簾分けか不明であるが、あじ平 福島店のホームページの作りが、生野区のあじ平さんと一緒なので、何らかの系列にはなるのだろう。
あじ平 福島店のメニューですが、単品アラカルトか、コースかという分かりやすいメニューで、あじ平コース4980円、あじ平(上)コース6000円の違いはフグの唐揚げだけです。
この日は、6000円の上にし、単品で、造り白子と天ぷら白子を注文した。


これが造り白子で、とらふぐの白子の美味しさを再確認してしまいました。
あたり前ですが、濃厚、ミルキーで生の白子は最高に美味であります。


まずは湯引きから出てくるのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。柔らかくて、スーパーで売っている嚙み千切れないような湯引きではありません。すーっと喉に入ってくる。お次は、ぶつ切りてっさです。てっさといえば山口県にある春帆楼みたく、極限までの薄造りのイメージがありますが、大胆にぶつ切りされたてっさも美味しいもので、ふぐの弾力、身の甘み、身のウマさが存分に味わえます。

白子の天ぷらですが、生の造り白子の方が美味しかったな。

てっちりです!!!
そして最後に雑炊となります。
あーーー  美味しかった!!!!!!
次回は、居酒屋使いのアラカルトで、てっさと白子だけ食べに行こう。

関連ランキング:鍋(その他) | 福島駅新福島駅中之島駅

ブログネタ
■おいしいもの■ に参加中!
今年一番美味しかった「河豚」が三宮にあった
青年の集まりの忘年会があり、一応、食べログなどもチェックしたが、点数が低かったので、期待はしていなかったが、大半の投稿者は点数が高く、少数の人が点数がめちゃんこ点数低いという不思議なお店に突撃した。
場所は、阪急高架下から、西側に少し歩いた。1Fにがんこ三宮寿司店があるタイシンサンセットビル5Fにある「旬彩割烹 姫膳」で、この日は、貸し切りだ。
店内は、20名ぐらいで満席になる感じだろうか。
さあ宴会のじはじまりです。


湯引きで感動し、てっさを食べた。
厚く切られた、そのてっさを口に含んで、噛んだ時に衝撃が走った。
こんな旨味の強いてっさを食べたことがない。
酢っパ甘くダシの味のするポンズが、その極上のてっさを更に引き立てる。

母が山口県出身だったもので、極上のてっさは、極めて薄いてっさこそが、最高だと思っていたが、そんな考えが間違えであることに気付く。
激しくウマいてっさを食べながら、店内を観察していると、福寿の商品があちらこちらにある。
ネットで急いで調べると、この「旬彩割烹 姫膳」のオーナー兼料理長は、酒心館さかばやしの元料理長みたいだ。
灘五郷の中でもコアな日本酒といえば、福寿であり、その福寿の敷地内に、接待でも使えそうなレストランがある。
こういうお店で、美味しいところは殆どないが、福寿は別格だ。

1751年創業の福寿の料亭レストラン : ひかるさんのところ
次は、河豚鍋だ!!!

あーーーーーーー
これはウマいというか、ブツ切りにされたふぐのレベルが高過ぎる。
天然のトラフグだ。
河豚の身を見れば一目でわかるが、一切、冷凍をしていない河豚の濁った白さの身である。
これも食べてびっくりした。
こんなに旨みのある河豚を食べたのは、本当にはじめてかもしれない。

河豚の肝を食べて、死んでしまっても構わない、なんて気持ちがわかる絶品の河豚鍋だった。
フグの身の旨味を本当に知っている人は意外と少ないのかもしれない。
そう思わせてくれるお店だった。
忘年会で利用したお店に1人で行こうと思ったことはないが、機会があれば1人で食べに行こうと思う。

本来は、日本酒を楽しめるお店でもあるので、日本酒も存分に飲もう。


旬彩割烹 姫膳 - 三宮/日本酒 [食べログ]

↑このページのトップヘ