休日のオトコの料理「ジャークポークのジャンバラヤ」
数日前からジャンバラヤが食べたかった。
そんな材料は冷蔵庫にないわけで。
フライパンで簡単!ジャンバラヤ : ひかるさんのところ
前回のジャンバラヤ
S&B シーズニングジャンバラヤ 17g×10個1180円(税込み・送料込み)






357円(税込み・送料込み)
そして休日になった。
昔、食べたであろう、ファミレスのジャンバラヤとメキシカンライスみたいな、めっちゃ美味しいジャンバラヤを家庭で作ろう。
出来るだけ簡単に、作るにはどうしたらいいか?
使ったシーズニングは、炒めてジャンバラヤ風ができる、S&B シーズニングジャンバラヤと、ケイジャンミックスだ。
味の微調整は、ウスターソース、ケチャップにした。
材料は、上記のシーズニングと、お米2合、にんにく1かけ、玉葱半分、ピーマン1個、人参3分の1、セロリ適量、豚の肩ロース適量、バター16グラム、ブイヨン1個、シーフードミックス(冷凍)だ。


フライパンにオリーブ油大さじ2を引いて、みじん切りにしたニンニクを炒めて、豚の肩ロースを、S&B シーズニングジャンバラヤ1袋を入れて炒める。
ここで、ジャークポークとなった豚肉を取り出したいが、面倒だったので、そのまま一緒に、洗米していないお米2合が透き通るまで弱火で炒めた。
お米が透き通ったら、バター16グラム、玉葱半分、ピーマン1個、人参3分の1、セロリを1センチ以下角ぐらいに切ったモノを入れて、別の鍋で、450ccのお水を沸騰させて、冷凍のシーフードミックスにマギーブイヨン1個を入れたダシを入れて、ウスターソース、ケチャップを目分量にて味の調整をして蓋をする。
蓋を開けてはいけないので、15分程度したら炊き上がるのを辛抱強く待つ。
ウチのガスコンロは、炊飯ボタンがあるので、それにお任せだ。
炊き上がったら、これまた、蓋を開けずに、15分程度蒸らしたら完成だ。
完成した写真を撮り忘れたが、絶妙な美味しさのスパイシーさで、炒めてジャンバラヤ風ができる、S&B シーズニングジャンバラヤがあれば、家庭で本格的なジャンバラヤが作れてしまう。
こういうパエリヤや派生系の料理の水加減は難しいもので、家庭で料理しようと中々、思い立つことはないだろうが、調理中に水が少くて、ヤバいと思ったら、白ワイン、水が多いと思ったら蒸らしで調整するなどで、ある程度の対応はできるだろう。
お米が硬過ぎる場合は、お米が透き通るまでの炒めが足りないからだ。
美味しいジャンバラヤの基本のマイレシピを押さえておくと、家庭の料理も、もっと楽しくなるだろう。