HikaRuの備忘録

仕事、日々の雑記、料理、食べ歩きなど

タグ:リアルストリーム

アマゾンで自転車パーツのパトロール


電動アシスト自転車「リアルストリーム」に乗っています。
購入してから約1年ですが、カスタムに着手せぬまま、乗ることもほとんどなかったので、ネットで人気の有線スピードメーターを取り付けすることにしました。

1375円
ワイヤレスのスピードメータもありますが、有線の方が正確なスピードを測れるらしく、これが人気らしい。
リアルストリームにはデフォルトでスピードメーターがありますが、スプロケなどを交換したり、タイヤのサイズを変更したりするとデフォルトのスピードメーターが役に立たなくなります。
取り付けは、めっちゃ簡単でした。
書くほどでもありませんが、ホイールに磁石を取り付けて、センサーが反応する位置に取り付ける調整に、若干気を使うぐらいです。
自転車パーツのアマパト(フロントフェンダー、リヤフェンダー)
このリアルストリームには泥除けがない。
そういうわけで、泥除けパトしています。
アマゾンらんきんぐ1位であるが地味ではある。
ガードMTB用ですが、安くてカラーがアクセントになって素敵かもしれない。
純正ではあるが、リヤフェンダーのみは辛いかもしれない。
リアルストリームに合う泥除け(リヤフェンダー、フロントフェンダー)はこれぐらいだろうか。
3商品共に、取り付けが簡単なタイプを選んでみたが、価格とレビューから考えると、PeachCraft 自転車用 マウンテンバイク(MTB) クロスバイク 泥除け マッドガード 前後セットだろう。
もう少し見てからポチ買いしよう。

クロスバイクはお尻が痛い
なんちゃってクロスバイク風の電動アシスト「リアルストリーム」を購入してから、約2ヶ月が過ぎました。
まだ3回ぐらいしか乗っていません。
充電は1回しかしていません。
乗らない理由、いや乗る機会が少ないと言った方がいいんでしょうが、この数回で、思ったんですが、クロスバイクはお尻が痛い。
サドルが硬くて、リアサスペンションもないものだから、お尻にダメージが結構ある。
たまに街中で見掛ける、立ち乗りクロスバイクの人をイキッてるなと思っていましたが、お尻が痛いんだねと気付いたわけで。
これを解決する方法は、2つあるみたいです。
1つ目は、ママチャリのサスペンションもどきの、クッションバネがついたサドルに交換する。
せっかくのクロスバイクの見た目が激変してしまいますが、お尻が痛いと自転車に乗る気がしません。
2つ目は、サスペンション機能のある「シートポスト」に交換する。
で、、2つ目を考えているわけですが、自転車マニアではない自分にとっては結構高く感じてしまい、買おうか悩み中なんですな。
安いのもあるが、見た目と性能でこれが間違いなさそうだ。
これでお尻が痛いのと、さようならする日も近いだろう。


これが欲しいんだよな。
11,580円です。









昨日から変わった道交法改正(自転車)に関する簡単なまとめ : ひかるさんのところ

傘差し片手運転している自転車、結構いるよね。
缶ビール、缶チューハイ片手の人もまだいるw

数年前から電動アシストに憧れていたわけで、パナソニックのハリヤーかジェッターに興味津々でしたが、都心に住んでいるため、頑張れば梅田までも歩けてしまうので、自転車は必要ないとの判断で購入しなかったわけですが、4月19日(日)の午前3時過ぎだっただろうか、ヨドバシ.comで、急遽、パナソニックではなく、ブリヂストンの電動アシスト自転車「リアルストリーム」を購入した。
自転車に詳しい人に怒られてしまいそうだが、ポイントを加味すれば、ヨドバシとかで購入したほうが安い。
自宅の目の前には、整備してくれそうな自転車屋さんがあるので特段の問題もない。

昨日届きましたが、泥よけカバーがないから雨の日は大変だと思いつつ、この自転車のことを何も知らずに購入してしまっていたのだ。
特筆すべきは、リチウムイオンバッテリーC300 12.8Ahが標準搭載となっている。
オートエコモードで74キロ、標準で58キロ、強モードで49キロも走行できる。
常に強モードにするだろう(笑)
クロスバイク?ロードバイク?みたいな人と信号待ちになったら、大人気無さ前開でスペシャルなアシストに守られながら、軽く一回、ペダルこいじゃうだけのスタートダッシュしようと子供じみたことを考えています。
初乗りは、日曜日になりそうだな。
どうか晴れますように。
で、さっそくカスタムを考えているわけですが、泥除けよりも先に、サドルの下にサスペンションを取り付けたい。
こういう自転車は初めてですが、絶対にお尻が痛くなる。
11780円
結構高いけど、まだ乗ってもいないけど、これがいるのではないかと悩んでいます。
余談ですが、大阪はひったくり全国1位とデンジャラスな町です。
もしもカゴを付けたなら、ど派手なひったくり防止カバーを付けようと思います。
2015年の大阪のひったくり防止カバーは「くまモン」仕様なんかもあるみたいです。。。。。
cover02
なんだか目指す自転車のカスタムの方向性と乖離しているような気がしまくりますが、これが大阪です。

↑このページのトップヘ