この西宮のラーメンを食べたことがない人は不幸だと思う
やっぱり宮っ子ラーメンの中毒性は半端ない(笑) : ひかるさんのところ
前回の記事
西宮で生まれ育ったわけですが、今から20年ぐらい前に、空前のラーメンブームとなり、国道2号線沿いの西宮~芦屋ぐらいまではラーメン天国だった。
こういう流行りのラーメン屋デビューは遅く、20才以降ぐらいに、はじめて有名なラーメン屋に食べに行ったと記憶している。
それから社会人になり、独立し、毎晩通ったといえるラーメン屋さんがある。
今や何店舗かはあるが、西宮で一番有名な、「宮っこラーメン本店」が甲東園にある。
宝塚の仁川競馬場の近くだ。
歩いてすぐに、宝塚市に入る、西宮市の外れでもある。
どんだけ宮っこラーメンマニアやねん?という感じであるが、実は、甲東園にある本店は初となる。
この日は、チャーシューメンとチャーハン大盛にした。
通称お○ぱ○チャーハンだ。

まずはチャーハンから運ばれてくる。
胡椒をふり、紅ショウガ、ニラ唐辛子をたっぷり乗せて食べていただきたい。


チャーシューメンも運ばれてきました。
ここからが、時間との勝負だ。
すぐに葱をレンゲの裏で小突いて、スープの中に沈めて欲しい。
こうすると格別の味になる。
そして、そのまま食べ進み、胡椒、にんにく、ニラ唐辛子などを入れて、好みの味に変えていき食べれば、汗が噴き出ながらも、至福のラーメンタイムとなるだろう。
麺は、細麺という人もいるが、中太ストレート麺に、少し塩っ気の強いパンチの効いた豚骨醤油スープが絶妙だ。
こんな味がはっきりしたラーメンてのは、関西では、宮っこしかないのではないだろうか。
一度、食べてしまうと、何度も、毎日でも食べたくなる癖のある最高のラーメンだ。
塩ラーメンが好きで、ほんのり和風だし!なんて人には向かないかもしれないが、豚骨ラーメンなどの濃いラーメンが好きな人には、たまらないラーメンではないだろうか。
関西といえば、宮っこと比較されることが多い、「もっこす」てのがあるが、もっこすは、味のはっきりさが足りないと個人的に感じるので、やはり「宮っこ」が好きだ。
あーーーー
また食べに行きたい。。。。。。。
宮っ子ラーメン|にしのみや 宮っ子ラーメン(R)トップページ