天空の城「竹田城」の朝霧の絶景を立雲峡に行かないで見る唯一の方法
 3年ぐらい前の秋頃に天空の城 竹田城が大ブームになるちょっと前ぐらいに、立雲峡をプチ登山して、雲ではない、朝霧に浮かぶ天空の城 竹田城跡は、とても幻想的だった。


 これは、竹田城跡の入口にある写真を撮影したものだが、まさしくこんな幻想的なお城が竹田城なのだ。
お城は残っていない城跡になるが、城壁だけが残っているのに妄想が書き立てられる。それが余計に竹田城の魅力なのかもしれない。
で、、、、この立雲峡から見て欲しいといいたいが、メッちゃ狭い道路である程度上がってはいけるのだが、運転に自信のない人は絶対に車で行くと危険な場所であり、プチ登山と書いたが、結構、本格的な登山となる。
体力に自信のない人も立雲峡に登るのはやめたほうが賢明だろう。

で、、、、タイトルの天空の城「竹田城」の朝霧の絶景を立雲峡に行かないで見る唯一の方法であるが、車の運転に自信のない方、体力の自信のない方にオススメしたい。
image
そうここは、竹田変電所です。
その前に、何故にしんどい思いをして、立雲峡に登るのか?同じ高さの山の対岸からの朝霧の絶景が答えなのでしょうが、ここいら辺りは電線ン
がやたらめったら多く、ほぼほぼ写真を撮影をしたからしても電線が映りこんでしまうのだ。

この竹田変電所の入口前ならば、なんと電線だらけの写真から解放される絶妙な場所があるのだ(笑)
image
これは6時過ぎぐらいだろうか。その日の日の入りの確認をしてから行こう。
image
これは拡大した写真だ。
一般的には9月から10月ぐらいが、天空の城 竹田城の見頃であるが、この素晴らしいスポットを発見するのに時間が掛かり、朝霧は消えてしまった。

これは絶妙な撮影スポットを探している時に撮影した。
城跡と朝霧が重なっているので、もう少し早い時間ならば、天空の城となって見えただろう。
*この竹田変電所で竹田城を見るときは、くれぐれもマナーに注意してご覧ください!!!!!