HikaRuの備忘録

仕事、日々の雑記、料理、食べ歩きなど

タグ:蒲焼き

(島根県 大根島)小泉八雲も愛した「山美世」のうなぎ
DSC_0985
島根県の松江市と鳥取県の境港にまたがる中海(なかうみ)という湖がある。
淡水の生物と海水の生物がいじり混じっている珍しい湖だ。
その中海の真ん中に大根島がある。
なんだか素敵な島名で、なんとなく島の雰囲気は南国を感じさせる。
その大根島の「由志園」が本来の目的であるが、何やら美味しいウナギ屋さん「山美世」があるとのことで、さっそく食べに行くことにした。
大根島は小さいので、特に迷うことなくたどり着くことができた。
なかなか立派な店構えだ。
駐車場もお店の横と前にあるので、駐車できないということはないだろう。

DSC_0986
サラリーマンらしき人は、うな丼の竹の大盛りを注文していたのが気になったが、メニューと睨めっこした結果、4,000円オーバーのうな重 特上を注文した。
鰻が焼けるまで、店内観察をしましょう。
DSC_0987
なんじゃこりやーーー
小泉八雲(ラフガディオ・ハーン)の曾孫さんのサインがあるではありませんか。
島根県立大学教授小泉凡氏か。。。。
なんかよくわかりませんが、小泉八雲さんも愛した鰻のようです。
DSC_0988
そして小泉八雲とうなぎを読んでみると、結構ショックでした(笑)
彼は、和食が嫌いだったんですね。
唯一好きだった和食は鰻だけだったんですね。
そうこうしていると着重!!!!!!

なんとぼってりした鰻だろうか。
ここ数年来食べた鰻の中でも飛び切り分厚い鰻だ。
食べる前から美味しいのが伝わってくる。
大根島は溶岩だらけの島だ。
そういうミネラルたっぷりの水で育った鰻はさぞかし美味しいだろう。
と思ったが、どうも本日は愛知県産のようです(笑)
DSC_0995
鰻の焼きは、蒸さない魯山人のいう原始焼きであるが、これが関西人は大好きだ!!!
パリッとして香ばしくてオイシイ!!!
ご飯の中にも鰻があるのだが、よく写真を見て欲しい。
ご飯の量よりも、鰻が分厚くて、米粒よりも鰻の方が多いではありませんか。
鰻が主食のうな重なんてのは人生初だ。
こりゃ、、サラリーマンがうな丼の竹のご飯を大盛りにしていたわけだが、鰻だけでもお腹が一杯になる。

大変おいしゅうございました。
山美世 - 松江市その他/うなぎ [食べログ]
山美世 ジャンル うなぎ TEL・予約 0852-76-3198 ※お問い合わせの際は「"食べログ"を見た」とお伝えいただければ幸いです。 予約可 住所 島根県松江市八束町寺津10 ...
山美世(やまみせ)
電話:0852-76-3198
住所:島根県松江市八束町寺津104-3
営業:11:00-15:00 (無休、お持ち帰りの人もいました。)

(福島 野田阪神)新橋筋商店街あるテイクアウト専門の「川繁」の蒲焼きはやっぱりウマすぎる件

野田阪神駅に降り立つことはあまりないが、野田新橋筋商店街という昔ながらの商店街がある。
その商店街の入口には、ケンタッキーがあるのだが、何故か香ばしい鰻の蒲焼きの食欲をそそる香ばしい匂いが充満している。
匂いに引き寄せられて、そのまま商店街に入り進むと、右手側に鰻の蒲焼きのテイクアウト専門店「川繁」がある。
鰻の大きさにより値段は変わるが、今は大体1600円ぐらい~だろうか。
image
この新橋筋商店街にあまり行く機会もないもので、ついつい川繁の鰻の蒲焼きを買ってしまう。
焼きのみの関西風で、外はカリカリ香ばしく、中は適度な弾力があり、関東風よりも好きな蒲焼きだ。
かの魯山人は、ただ焼いただけの鰻の蒲焼きを原始焼きと呼んでいたが、一度食べなければこの美味しさはわからないだろう。
蒸してナヨナヨしたフワフワの鰻など食べたくはない。
関西風のマムシならば、ご飯とご飯の間に蒲焼きを入れて、まずはカリッと香ばしい鰻を楽しみ、ご飯の中にはフワフワの鰻を楽しむのが関西風だ。


なんだか鰻丼にするのも勿体無いので、一切れずつご飯に乗せては、川繁の鰻のタレをかけながら食べた。
この川繁の鰻の蒲焼きは、冷めても美味しい。
付属のタレも、しっかりと味のする甘辛い極上の下町の味だ。
一切気取りのない、大阪下町の鰻の蒲焼きはこうあるべきだ。
本当に美味しかった。
冷凍して数日楽しみたいぐらいでもある(笑)
川繁は、何故か土曜の丑の日は休業しているので、オープンしているかどうか確認してから行ったほうがいいかもしれない。
ここの鰻の蒲焼きを一度食べてしまうと、スーパーで売っている鰻が食べれなくなります!!
またお土産にいいかもしれない。
その他鰻に関する記事
口コミ一覧 : 川繁 (かわしげ) - 野田阪神/その他 [食べログ]
川繁 (かわしげ) ジャンル その他、うなぎ TEL・予約 06-6441-4127 ※お問い合わせの際は「"食べログ"を見た」とお伝えいただければ幸いです。 予約不可 住所 大阪 ...
川繁 (かわしげ)
電話:06-6441-4127
住所:大阪市福島区吉野2-14-18
営業:10:00~18:00(テイクアウト専門) 、(定休日 火曜日、土用の丑の日)
18時までに閉まっていることもあります!!!

↑このページのトップヘ