HikaRuの備忘録

仕事、日々の雑記、料理、食べ歩きなど

タグ:Z5

ブログネタ
スマホ・携帯 に参加中!
海外製のXperia Z5 Premiumに最適なSIMを選ぶ
関連する記事
2015-12-26-21-27-01
AUのエクスペリアZL2が水没し、AUからも新しいエクスペリアZ5が発売されているので、SIMの差換えだけで使えるだろうと、安易に考えて、海外製のXperia Z5 Premiumをエクスパンシスでポチッと購入し、輸入することにした。
どうせなら海外製(現在:79500円*エクスパンシスが最安値)の方が安いし、AUのエクスペリアは、Premiumは発売していないし、Z5のゴールド色は日本未発売だしと、都合よく考えてしまった結果、AUのSIMはSIM自体にロックがかかっているので、SIMフリー端末を購入して、差換えても、使えないという残念な事実を知った。
そういうわけで、もう手元には、海外製のXperia Z5 Premiumの金ぴかさんがあるわけで、MVNOで使えるようにしようと思う。
格安SIMでどこがいいのか悩んだ挙句、DMM mobile にしようと思うが、ドコモ回線を利用しているDMM mobile であるが、エクペリアZ5が、高速通信xiには対応していない。
自分にベストな申し込みプランは、高速プランに5GB、SMS付きだろう。
通話は必要ないがSMSがないとLINEなどのアプリの登録ができなかったりする場合があるので注意が必要だ。
今回の痛恨のミスで少し学んだのは、通信規格の対応バンドが対応していないと、全く使えないという、
海外製のXperia Z5 Premiumの対応する通信規格のバンドは、以下の通りとなっているが、先程も書いたとおり、AUやドコモでZ5が発売されているから、SIMの差し替えで使えるでしょ!とはならない。
ドコモは?であるが、AUは全く使えないのでダメだ。
Band1 全国
Band2
Band3 東名阪地区
Band4
Band5
Band7
Band8
Band12
Band17
Band20
Band28 これから
Band38 
Band40
とここまで書きましたが、この通信規格のバンドですが、機種と、格安SIMのバンドでスピードなどの快適さが変わってしまうのと、バンド自体に地域性があること。
この2点が実は重要みたいだ。
登山や山間部にお住まいの人が特に注意したいのが、Band6かBand19に機種と格安SIMが対応していないと、そもそも電波が入らない可能性もある。
このことから考えると、海外製のエクスペリアZ5Premiumは、山間部の電波に弱いことがわかる。
そういうわけで、
DMM mobileのSIMにすると思うが、しばしペンディングとしよう。
以下の、wikipediaのLTEのページとスマホのバンドを睨めっこして、格安SIMの対応バンドも確認して、最善のMVNOを選択しなければならない。
MVNOって実は気軽にできないもので、SIMフリー端末の現状は、本当の意味でのフリーではないということ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/Long_Term_Evolution

ブログネタ
スマホ・携帯 に参加中!
SIMフリーのXperia Z5 premiereのSIMについて
2015-12-26-21-27-01
AUのXperiaZL2がメインのスマホだ。
2014年の12月から愛用し、先月に、サポート的なので新品と交換してもらったばかりであるが、その新品のZL2を中性洗剤(食器用洗剤)で洗ってしまい、界面活性剤のパワーに感動しながらも、ビジネス使用のため、水没復旧作業と並行しながら、XperiaのZ5 premiereを輸入して購入した。
icon
関連記事
AUのSIMについて
結論から書こう。
日本で発売されていない、
SIMフリーのXperia Z5 premiereは、AUのSIMには対応していない。
2015-12-26-21-21-19
SIMカッターも購入し、microSIMをカットしてしまったが、ZL2とZ5の通信回線の種別が違うので意味がなかった。
どうしたものか悩んだ挙句、AUショップに直接持ち込んで、持ち込み機種変更をすることにした。
AUショップに電話で、使えるかどうか確認するも、本部に問い合わせたところ、やってみないとわからないとのことだった。
AUからもXperiaのZ5が発売されているので、AUのSIMが使える可能性は極めて高いと思っていたが、AUショップで試してみたところ、使えなかった。

ちなみに、ZL2とZ5の回線種別は違う。
AUショップで、Z5に合う回線に合わせ、nanoSIMに変更してしてもらったが、ダメだった。
日本の携帯キャリアは、SIMフリー端末をSIMフリーできないようにしている。
そういうわけで、SIMフリー端末のスマホを購入する際は、注意しなければならない。
今回のケースに限っていえば、
日本の携帯の3大キャリア、ドコモ、AU、ソフトバンクを利用していて、使用しているスマホが壊れて、そのキャリアでも発売されている機種だから緊急でSIMフリー端末を購入し、使っていたSIMを差し替えれば使える?なんて考えの大半は通用しない。
AUとドコモからXperiaのZ5が発売されているから、海外のSIMフリーのXperiaのZ5を購入して、SIMを差し替えたら?、なんてのは幻想なのだ 笑
今回は、何故にAUのSIMに拘ったのか。
法人携帯だからだ。
会社の携帯を全てキャリア変更するのは、結構面倒なものだから。。。
携帯の月額料金なんかを問題視するよりも、SIMフリーの端末が、本当にSIMフリーになるようにするのが、グローバルな国益だと思うんですけどね。

ブログネタ
スマホ・携帯 に参加中!
SIMのサイズが違った!?SIMフリーはフリーじゃないじゃんの解決方法 笑
image
香港からクリスマスに届いた、我が新しい愛機となる、SIMフリー端末のXperia Z5 Premium E6853だ。
icon「ご開封の儀」なんてタイトルで書く前に、痛恨のミスがあった。
今回使う予定であったSIMは、AUのエクスペリアZL2で使用していたSIMですが、SIMのサイズが違った、、、汗
SIMのサイズが違う、、、、使えないじゃん。。。。。
で。。こういうSIMフリー端末を何も考えずに安易に大人買いしてしまった人を救うアイテムがある。
そう、それはSIMカッターだ。
最近のSIMの形状はサイズが違う。
主には3種類だ。
各国の通信キャリアの深い闇を感じながら、左からサイズが大きく、miniSIM、microSIM、nanoSIMとある。
使用していた、エクスペリアのZL2のSIMはmicroSIMであり、新しく購入した、
SIMフリー端末のXperia Z5 Premium E6853のSIMは、「nanoSIM」で、サイズが小さい。
まさか昨年の12月に購入したスマホのSIMの形状が変わるなんてと思うが、これから、MVNO最高と思い、SIMフリーのスマホを購入する人は、MVNOでフリーダムなんてことはない。
通信回線の種別の問題、SIMの形状の問題、通信キャリアの問題と諸問題が山ほどあるので、注意していただきたい。
MVNO的なSIMを買う場合は、SIM変換アダプターを買い、一番小さい

nanoSIM」を購入した方がいいだろう。
大きいサイズのSIMはリスキーなカットをしなければ入らないが、一番小さいサイズのSIMならば、SIMゲタでどうにでもなる。
本題の、AUの
エクスペリアZL2のmicroSIMをnanoSIMにしてしまおう。
AUで機種変更して、店舗で長い時間待たされて、理解していない店員さんとの無駄な会話の時間、不必要な2年縛りなどからくる費用は掛けたくない。

さあ、、、、

microSIMをnanoSIMにカットして、最悪の場合は、「SIMを紛失してしまった作戦」を実行しよう。
ここからは自己責任です。
とりあえず、エイヤーでSIMカッターを購入することにした。
2015-12-26-04-51-22

本当は、写真の3位のSIMカッターを購入したかったが、今日は出掛けたくないし、1日も待てないので、唯一、本日注文で本日届いてしまう、2番人気の、

アール・エム RM
RM-2632 [3in1 SIMカードカッター]

を購入した。


SIMカッターを使うことは、今後ないと思うが、どうせ買うならSIM変換アダプターと合わせて買っておくと、突発的なスマホの故障時に、旧スマホにSIMを入れて代替え機にするなどの時に役立つだろう。

さあ、、、、、、、ヨドバシカメラの即日配送は最高だZ!!!

できれば、正午までのお届でお願いしたいと願いながら、早朝ビールを嗜みながら、待つとしよう。


続く



↑このページのトップヘ